用途
新着
履歴
分類

Laravel ベーシック認証

Laravel ベーシック認証
Laravel ベーシック認証

laravelのルートディレクトリにて、composerコマンドでパッケージの取り込みます

l5-very-basic-authというパッケージを利用する例です。

composer require olssonm/l5-very-basic-auth

ルートのcomposer.jsonのrequireに追記されます。

config/app.phpに以下をサービスプロバイダーとして追記する。

'providers' => [
    Olssonm\VeryBasicAuth\VeryBasicAuthServiceProvider::class
]

サービスプロバイダーはlaravel内でその機能を使うための準備のようなものです。(離れるとすぐ忘れる)

$ php artisan vendor:publish

を実行して、

Provider: Olssonm\VeryBasicAuth\VeryBasicAuthServiceProvider

を選択するか

あるいはまとめて

$ php artisan vendor:publish --provider="Olssonm\VeryBasicAuth\VeryBasicAuthServiceProvider"

を実行します。

そうするとapp/config配下にvery_basic_auth.phpのファイルができます。

そこにユーザーやパスワードやエラー文言を指定できます。

エラーメッセージはblade.phpを表示することも可能です。

そしたらあとはルートの設定です。

サイト内の複数の箇所で実行する場合

Route::group(['middleware' => 'auth.very_basic'], function() {

    //以下のルートはそれぞれのサービスに合わせて書いてください。以下は例です。
    Route::get('/', ['as' => 'start', 'uses' => 'StartController@index']);
    Route::get('/', function () { return view('welcome'); });
    Route::resource('/', 'HogeController');
    Route::post('/hoge', 'HogeController@write');

});

サイト内の一部で使う場合

Route::get('/', [
    'as' => 'start',
    'uses' => 'StartController@index',
    'middleware' => 'auth.very_basic'
]);
ルートにインラインでユーザーパスワードもかけるそうです。
Route::get('/', [
    'as' => 'start',
    'uses' => 'StartController@index',
    'middleware' => 'auth.very_basic:username,password'
]);

意外と便利そうです。

以上のベーシック認証のパッケージはこちらです。

https://github.com/olssonm/l5-very-basic-auth

更新されることがあるのでご一読ください。

公開 : 2019-08-25 14:17:25
更新 : 2019-12-05 23:12:52
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEでシェア
このページの二次元コード

関連するサンプル

search -  category -  about
© 2020 kipure
Top