用途
新着
履歴
分類

JS HTMLの上書きと挿入

JS HTMLの上書きと挿入
JS HTMLの上書きと挿入
JavaScriptを使って、HTMLの要素を挿入するサンプルです。

一つの要素を書き換えるパターンと、押すたびに増えるパターンをJSのみで実装します。

ボタンを押すと下部の枠にHTMLの要素が追加されます。

innerHTMLの例

innerHTML ボタン

↑HTMLが一つ追加され、ボタンを押しても、上書きされて増えません。


insertAdjacentHTMLの例

insertAdjacentHTML ボタン

↑HTMLが一つ追加され、ボタンを押すたびに、要素が追加されます。

JS

//ボタンの要素
const btn1 = document.getElementById('demo_btn1');
const btn2 = document.getElementById('demo_btn2');
//出力の要素
const op1 = document.getElementById('demo_op1');
const op2 = document.getElementById('demo_op2');

//クリックの動作
btn1.addEventListener('click', inner);
btn2.addEventListener('click', insert);

//イベントの内容
function inner(event) {
  op1.innerHTML='<div class="demo_item">HTML</div>';
}

function insert(event) {
  op2.insertAdjacentHTML('afterbegin', '<div class="demo_item">HTML</div>');
}

CSS

    #demo_btn1,#demo_btn2{
        text-align: center;
        width: 220px;
        height: 50px;
        border-radius: 15px;
        padding: 5px 15px;
        font-size: 16px;
        line-height: 50px;
        background-color: #014631;
        color: #FFF; 
        cursor: pointer;
        user-select: none;
    }
    #demo_op1,#demo_op2{
        margin: 10px;
        border: solid 1px #014631;
        padding: 10px;
        display: flex;
    }
    .demo_item{
        border-radius: 50%;
        background-color: #df7c04;
        color: #FFF;
        width: 80px;
        height: 80px;
        line-height: 80px;
        text-align: center;
    }
公開 2022-04-01 08:47:41
更新 2022-04-06 08:51:59
このページの二次元コード

同じカテゴリーのサンプル

人気のサンプル

search -  category -  about
© 2022 kipure
Top