用途
新着
履歴
分類


PHP 乱数について

PHP 乱数について
PHP 乱数について
PHPでランダムな数字を発生させる関数のメモです。

例えば、ランダムに違うコンテンツを出しわけたいときがあるとします。

1のときはA、2のときはB、それ以外ならCを出したいといったときです。

JavaScriptでだし分ける方法もありますが、それだとブラウザでの処理になるので、SEO的によくなかったり、ページ速度に影響が出たりします。

そんなときはサーバーサイド(ここではPHP)で乱数を発生させて、数値に応じて出しわけます。

rand ( 最小値 , 最大値 ) ;

最小値=乱数を発生させたい最小の数値を入れます。

最大値=乱数を発生させたい最大の数値を入れます。

例えば

rand(1,3);

とすると1、2、3のどれかが返ってきます。

なお、mt_rand()は同じ使い方ですが、PHP7.1未満では違うアルゴリズムで乱数を生成していました。

mt_rand()の方が速度が早いという記事が多いですが、PHP7.1以上ではrand()がmt_rand()のエイリアスとなりました。

つまり、PHP7.1以上の環境であればどちらも同じ動きになります。

rand();

両方ともいれないと、デフォルト値になります。

デフォルト

最小値=0

最大値=getrandmax()を出力した時の数字

つまり環境によって最大値が異なるということになります。

とてつもない数字の乱数を使いたい場合は注意が必要です。

なお、乱数は暗号やパスワードには不向きなので、そういう用途には使わないようにしましょう。

公開 2020-09-27 12:02:01
更新 2020-09-27 12:02:03
このページの二次元コード

同じカテゴリーのサンプル

人気のサンプル

search -  category -  about
© 2020 kipure
Top