用途
新着
履歴
分類

NodeJS ディレクトリ構成を作る

NodeJS ディレクトリ構成を作る
NodeJS ディレクトリ構成を作る
expressパッケージを使ってディレクトリごとに実行される処理を書くサンプルです。

expressパッケージをインストールします。

参考:https://expressjs.com/ja/

「/」つまりトップページで処理されるapp.jsのサンプルです。
const express = require('express');
const app = express();

app.get('/', function(req, res) {
  res.send('/で実行される');
});

app.listen(8000, function() {
  console.log('http://127.0.0.1:8000/で実行されました');
});

「/hoge」で実行される記述は以下をapp.listenの前に記述します。

app.get('/hoge', function(req, res) {
    res.send('/hogeで実行される');
});

これだとページが増えるとapp.jsがどんどん長くなってしまいます。

と言うわけで例えば「/fuga」配下の処理は別ファイルに書くと以下のようになります。

例えば以下ディレクトリを作ってfuga用のファイルと作ります。

./router/fuga.js

const express = require('express');
const router = express.Router();

router.get('/', function(req, res) {
    res.send('/fugaで実行');
});

router.get('/pon', function(req, res) {
    res.send('/fuga/ponで実行');
});

module.exports = router;

そうしたらapp.jsで読み込んであげます。

const express = require('express');
const app = express();

const fuga = require('./router/fuga.js');

app.get('/', function(req, res) {
  res.send('/で実行される');
});

app.use('/fuga', fuga);

app.listen(8000, function() {
  console.log('実行されました');
});
公開 2020-07-12 22:33:20
更新 2020-07-12 22:46:52
このページの二次元コード

同じカテゴリーのサンプル

人気のサンプル

search -  category -  about
© 2020 kipure
Top