用途
新着
履歴
分類



CSS tableを使わないgridの表

CSS tableを使わないgridの表
CSS tableを使わないgridの表
display:gridを使って、テーブルを使わない表組みを作るサンプルです。

グリッドはレスポンシブ対応などでよく耳にしますが、表を作る時にも便利です。

静的に書かれたtableタグの場合、列を消したり、人マス消すのは一苦労です。

さらに、デザイン面も枠線とか余白とかのクセが強く、残念な感じになりがちです。

そこでこちら。

A1
A2
A3
B1
B2
B3
C1
C2
C3

HTMLは以下でとてもシンプルです。

<div class="demo_box">
    <div class="demo_item">A1</div>
    <div class="demo_item">A2</div>
    <div class="demo_item">A3</div>

    <div class="demo_item">B1</div>
    <div class="demo_item">B2</div>
    <div class="demo_item">B3</div>

    <div class="demo_item">C1</div>
    <div class="demo_item">C2</div>
    <div class="demo_item">C3</div>
</div>

左上から右に3つずつ3行の枠組ができます。

CSSもシンプルです。

    .demo_box {
        display: grid;
        grid-template-rows: 80px 80px 80px;
        grid-template-columns:  80px 80px 80px;
        background-color:#CCC;
        padding:5px;
        width:240px;
    }
    .demo_item {
        margin:5px;
        background-color:#99F;
        color:#FFF;
        border-radius: 5px;
        align-items: center;
        justify-content: center;
        display: flex;
    }    

ポイントはここだけ

        display: grid;
        grid-template-rows: 80px 80px 80px;
        grid-template-columns:  80px 80px 80px;

左から80pxのところで縦に区切る、さらに80px右で縦に区切る、さらに80px右で縦に区切る。

上から80pxのところで横に区切る、さらに80px下で横に区切る、さらに80px下で横に区切る

となっています。

...エクセルで言うところの列A,B,Cと行1,2,3が80pxの正方形のイメージです。

スタイルを見るとわかりますが、余白を親要素に5px、子要素に5px撮っているので、子要素の色のついている部分は70pxになります。

ちなみに子要素の

        align-items: center;
        justify-content: center;
        display: flex;

この部分はテキストを中央に寄せるためのものなので、グリッドの表には必須ではありません。

なので、けっこう少ない記述で、tableも使わない、floatも使わない、比較的扱いやすい表が作れるということになります。

ぜひ、お試しを。

公開 2020-03-11 23:27:24
更新 2020-03-12 00:33:55
このページの二次元コード

同じカテゴリーのサンプル

人気のサンプル

search -  category -  about
© 2020 kipure
Top