用途
新着
履歴
言語


NodeJS 画像をHTMLで表示する

NodeJS 画像をHTMLで表示する
NodeJS 画像をHTMLで表示する
NodeJSを使って、HTMLを読み込み、画像を表示するサンプルです。

JSをサーバサイドで実行することで、そのJSが置いてある配下のディレクトリから画像を読み込んでくるコードです。

とりあえずapp.jsとか名付けました。

var http = require("http"); 
var fs = require('fs');
//httpとfsのモジュールを使います

var server = http.createServer(function (req, res) {
  //サーバー起動

  var url = '.'+(req.url.endsWith("/") ? req.url + "index.html" : req.url);
  //URLの最後が/ならindex.htmlを表示し、それ以外はそのURLのファイル名を変数へ。

  console.log(url);
  //htmlでリクエストされるコンテンツをコンソールに出力してます

  if (fs.existsSync(url)) {
    //ファイルがあれば
    fs.readFile(url, (err, data) => {
      if (!err) {
        //res.writeHead(200, {"Content-Type": "text/html"});  //本当はこのように書きたいが
        res.writeHead(200, {"Content-Type": getType(url)});  //拡張子をみないと書けないので
        res.end(data);
      }
    });
  }
}).listen(8080);

function getType(_url) {
  //拡張子をみて一致したらタイプを返す関数
  var types = {
    ".html": "text/html",
    ".css": "text/css",
    ".js": "text/javascript",
    ".png": "image/png",
    ".jpg": "image/jpeg",
    ".gif": "image/gif",
    ".svg": "svg+xml"
  }
  for (var key in types) {
    if (_url.endsWith(key)) {
      return types[key];
    }
  }
  return "text/plain";
}

このように記述して、以下のようなディレクトリ構成でファイルを設置しました。

app.js

index.html

/img/neko.jpg

index.htmlの中身はこんな感じ。

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <style>
      img {width:200px;}
    </style>
  </head>
  <body>
    <img src="img/neko.jpg">
  </body>
</html>

このように猫の画像を設置して、node app.jsとターミナルで実行します。

今回指定したポート番号で以下のURLを叩きましょう。

http://127.0.0.1:8080/

するとこんな感じです。
公開 : 2019-07-29 05:41:20
LINEでシェア
このページの二次元コード

関連するサンプル

search -  category -  about
© 2019 kipure
Top