用途
新着
履歴
言語

  • GoogleAppsScript
  • Git

blade ループのサンプル

blade ループのサンプル
blade ループのサンプル
phpのlaravelのテンプレートエンジンbladeの基本記述のサンプルです。
--例えば$data['items']という配列に対してループの処理を書くときの例です。
@foreach ($data['items'] as $key => $item )

    {{ $item->name }}

@endforeach

また、ループの中で以下のような変数も使えます。

$loop->index 繰り返し回数 0スタート

$loop->count 繰り返し中の配列の総アイテム数 0スタート

$loop->first ループの最初の場合true

$loop->last ループの最後の場合true

if関数と組み合わせてよく使われる値です。

他にも用意されていますが、これだけ覚えておけば大抵のものは作れそうです。

例えば以下のような配列があるとします。

@php($my_word = ['さ'=>'砂糖','し'=>'塩','す'=>'酢','せ'=>'醤油','そ'=>'味噌'])

実際こんなサンプルをつくることができます。

まず、最初のループはこちら
キー:さ
値:砂糖
index:0
1番目のアイテムです。
あと4回ループします。
キー:し
値:塩
index:1
2番目のアイテムです。
あと3回ループします。
キー:す
値:酢
index:2
3番目のアイテムです。
あと2回ループします。
キー:せ
値:醤油
index:3
4番目のアイテムです。
あと1回ループします。
キー:そ
値:味噌
index:4
5番目のアイテムです。
あと0回ループします。
以上5回のループでした。

上記のbladeは以下になります。

@foreach($my_word as $key=>$val)
    @if ($loop->first)
        <div style="width:200px;font-size:14px;background:#EEE;padding:10px;">
        まず、最初のループはこちら
    @endif

    <div style="background:#CCF;margin:10px;padding:10px;">
    キー:{{$key}}<br>
    値:{{$val}}<br>
    index:{{$loop->index}}<br>
    {{$loop->iteration}}番目のアイテムです。<br>
    あと{{$loop->remaining}}回ループします。
    </div>

    @if ($loop->last)
        以上{{$loop->count}}回のループでした。
        </div>
    @endif
@endforeach
2019-08-08 00:22:19
LINEでシェア
このページの二次元コード

関連するサンプル

search -  category -  about
© 2019 kipure
Top